>HOME>特定技能外国人制度

特定技能外国人制度

建設分野特定技能1号評価試験について

建設分野における特定技能外国人の受入れ制度には、先行11職種に加えて令和2年度より「吹付ウレタン断熱」が職種として認められ、受入れのための特定技能1号評価試験の実施を計画しております。
特定技能の在留資格取得のためには、日本語試験に合格した上に、特定技能評価試験に合格することが必要です。
建設分野における特定技能1号評価試験は、国交省が定めた「建設分野特定技能評価試験実施要領」に従い、一般社団法人建設技能人材機構(JAC)が実技試験と学科試験を実施します。
評価試験日程につきましては、JAC及び当協会のホームページ上でお知らせ致します。

「吹付ウレタン断熱」職種の「講習テキスト」「実技試験問題」「学科試験サンプル問題」を下記に掲載致します。