>HOME>トピックス>「次世代発泡剤原液」のPR状況
 オゾン層破壊物質であるHCFC141bの生産・輸入が2003年末で全廃となり2004年よりオゾン層を破壊しない次世代発泡剤に切り替わるに当り、フォームメーカーはもとより我々ウレタン断熱協会も2003年4月より新聞等を媒体に種々PRに努めてまいりました。ここにその一端を紹介致します。
 
 HCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)は、オゾン層破壊物質であるため、モントリオール議定書に基づき、生産量及び消費量(生産量+輸入量−輸出量)を段階的に消滅し、2020年までに原則として全廃することとされています。
 これを円滑に進めるために、経済産業省では、1996年3月の化学品審議会(現在は産業構造審議会化学・バイオ部会)答申で定められたHCFCの種類及び用途毎の削減・廃止スケジュールに基づく輸入割当制度を運用しています。
 発泡剤用のHCFC141bの生産・輸入は、2004年で全廃とされているため、発泡剤用のHCFC141bの生産許可及び輸入割当は2003年末までを期限とし、以後は認めないこととしています。これに伴い、HCFC141bを使用したウレタン断熱材等は、代替品に転換されることになりますので、ご注意下さい。

【問い合わせ先】
経済産業省製造産業局オゾン層保護等推進室 電話03−3501−1511(代表)
オゾン層・気候保護産業協議会 電話03−5689−7981
日本フルオロカーボン協会 電話03−5684−3372
ウレタンフォーム工業会 電話03−3504−1828
ウレタン原料工業会 電話03−3591−1855
 
1) 次世代フロン(HFC)、ノンフロン 
(水)仕様の現場施工については吹付け後に発泡表面に次の表示を行う。
2) この表示に関しては(社)日本建築業協会、ウレタンフォーム工業会、日本ウレタン断熱協会の3者で決定したもので、建築業協会施工部会を通じて全国の現場で表示が義務づけられる。
テンプレート(表示板)は500×300(概寸)で、プラスチック製のものを使用する。